女性

クリームを使った除去方法

顔を触る人

長い時間をかけるメリット

顔のほくろというのはとても気になってしまうものですが、だからといって気軽に手術などに踏み切るのも難しいといえるでしょう。そんな時は美容外科クリニックで除去クリームを処方してもらい、時間をかけてじっくりとほくろを消していくのがおすすめのやり方です。ほくろを消す方法は手術のイメージが強いですが、最近は小さなものやあまり深く皮膚に食い込んでいないものの場合はクリームを塗布し続けることで消せます。体にかかる負荷も少ないうえに自分で続けることができるのが特徴なので、人気のあるほくろ除去の方法となっているのです。もちろん美容外科クリニックに依頼することで外科的手法により簡単かつ短期間で除去することはできますが、痛み対策などを考えるとまずはクリームを使うことをお勧めします。クリームの性質は液体窒素で固めて除去する、あるいはレーザーなっで焼いてしまうのとやり方はおおよそ同じであるということは知っておきましょう。つまりほくろを構成する細胞を破壊することによって、そのままぽろぽろと少しずつ取ってしまうのがクリームによる除去の仕組みとなっています。そのため該当箇所以外に塗ると肌荒れの原因になるので、医師の言うとおりに使用することを心がけましょう。皮膚科クリニックではなく美容外科クリニックを利用する主目的はより見栄えのいい仕上がりにすることであり、かかる時間とコストを下げることではありません。一番手っ取り早く安上がりにほくろを除去するならば、皮膚科の医師に頼んでメスやハサミ、液体窒素を使って取ってもらうのが一番なのです。しかしその方法では傷跡の処置についておろそかになってしまうので、美容外科の丁寧な手法で治療を進めていかなければならないといえます。こういった事情があるので顔以外にあるほくろに関しては美容外科ではなく皮膚科で治療してもらうと、かなり早くとってもらうことができるのです。クリームで対処できるかどうかは皮膚科でも割と早い段階で分かることなので、場合によってはそのまま皮膚科で除去クリームを処方してもらえることもあります。しかし途中経過において診断が必要になることもあり、その際の判断は美容外科の医師のほうがより確実で安心できる診療を受けられることでしょう。そういった事情を鑑みて皮膚科でそのまま治療を続けるか、美容外科を紹介してもらうかを考えるとより納得できるほくろの除去ができます。利用しない人にとって美容外科はなじみのない病院ですが、顔にあるほくろへの対処に関してとても優れたクリニックであるといえるでしょう。